メインイメージ画像

加入できる保険は何があるか

心臓病などの病気を持っている皆さんは保険に入れないとしていたのは一昔前の話です。昨今では、病気を持っている人でも契約可能な保険はたくさんあるのです。
一般的な保険の時は、割増保険料を適応し、その病気を適応外にすることによって、契約可能なことがあります。医師の診断書等が必須となることがいっぱいあるので、聞いてみましょう。
通常の保険が加入不可の時、限定告知型保険があります。

告知内容を省略することにより、契約を容易にした保険ですが、保険料がやや割高、給付金が安い等の短所もあります。
この保険も断られた際、無選択方保険が考えられます。病気をもっていても加入可能な保険はいっぱいあるので、問い合わせて下さい。

定期預金の利率が非常に低いため、保険で資産運用が可能だろうと考えている人もいると思われます。結論から言うと、保険を使っての資産運用は難しいと考えられます。


一般的に、資金運用を可能な保険は、年金保険や養老保険などでしょう。これらの保険で記してある利息は、予定利率とされるものです。予定利率とは、1年間振り込んだ保険のお金において、諸経などを除いた金額を対象とした利息のことなのです。
現実には、広告等に記載されている利率にはるかに届かない時が多数あり、どれほどが諸経費で利用されているか明白でない点も多いでしょう。一度、保険会社に実際はいくらもらえるのかを確認して下さい。

更新情報